働き方改革

当社は、少数精鋭体制を基本とし、同业他社と比较して単体社员数が少ない中での「労働生产性の向上」実现のため、当社独自の「働き方改革」を展开しています。

労働生产性の推移

労働生产性の推移

※2010年度を1とした场合の労働生产性推移(连结纯利益/単体従业员数)

労働生产性向上に向けた主な取组み

取组み①朝型勤务

「夜は早く帰り、朝早く出社して効率的に働く」という意识改革は、育児や介护など时间に制约のある社员の活跃を后押しし、家族との时间や自己启発の时间の创出など、社员の働きがいにもつながっています。2022年5月より「朝型勤务」を进化させ、个々の社员が业务?生活の状况に応じて働き方を选択できる「朝型フレックスタイム制度」を导入しています。

朝型フレックスタイム制度

朝型勤务とは
?20:00~22:00の勤务は「原则禁止」とし、业务が残っている场合は翌日朝へシフト。5:00~8:00が朝型勤务推奨时间。
?7:50以前に勤务を开始した场合は、インセンティブとして、深夜勤务と同様の割増赁金(25%)を支给。
?22:00~5:00の深夜勤务「禁止」

軽食无料配布の様子(东京本社)6:30~8:00の间に出勤した社员に、顿辞濒别、贵惭商品等の軽食を无料で配布(3品/人)

朝(7:30~9:00)の时间を活用してセミナーも开催されています。

2019/5/24(金)

「人工知能の未来 -ディープラーニングの先にあるもの-」
東京大学教授 松尾 豊氏

2019/10/8(火)

「海外投资家からみた日本経済?株式?為替动向の见通し」
ホリコ?キャピタル?マネジメントLLC 最高運用責任者 堀古 英司 氏

2020/7/27(月)

「人生100年時代の考え抜く力 ~コロナ時代何を考えるか?~」
立命馆アジア太平洋大学学长
出口 治明 氏

2021/9/17(金)

「渋沢栄一の「论语と算盘」の现代意义と厂顿骋蝉」
シブサワ?アンド?カンパニー株式会社 代表取締役 渋澤 健 氏


取组み②健康経営「がんと仕事の両立支援」

働き方改革を進めて行く上では、社員一人ひとりの健康が会社を支え、働きがいを持ち、安心して思う存分に働き続けることができる环境を整備することが会社にとって、重要な責務であることから、当社では、社員が健康に対して責任を持ち、会社がそれを支援すること、および、社員の健康は、本人のみならず、家族、お客様、ひいては世の中全体の幸福に繋がるとの考えを改めて「伊藤忠健康宪章」として制定しました。

がんになっても、わたしの居场所はここだ。(2018年6月広告)

いま、日本人の2人に1人ががんになる时代を、
会社も、その社员も、生きている。

私たちは本当の家族ではない。それでも思う。社员は家族だ。
だから元気なときだけでなく、重い病気になったときも
自分の家族のように正面から受け止め支えていく。
「どんなことがあっても面倒みるから元気になってこい」と言って、
医疗费も将来の学费も「心配するな」と言って、
なにより大切なのは、そうやって治疗しながら病気に负けずに
働きつづけられる空気を职场のみんなでつくることだと思う。
なぜ?と闻かれたら、「あなたの居场所はここだから」と答えよう。
人は『自分の居场所はここだ』と思えたとき、大きな力を発挥する。
そして支えた周りの社员の结束は、より强くなる。

きっかけは、长い闘病の末に亡くなった、ひとりの社员の言叶だった。
「私の中では日本でいちばんの会社です」。
あのとき言われたことを、本当のものにしなければならないと思う。
ここを、かけ値なしに働きがいのある场所に。
その一心でとりまとめた治疗と仕事の両立支援策。
社员が働きがいを持たなければ、お客さまの満足もなく、
世の中の満足も生まれない。それが「伊藤忠健康宪章」。
道はまだ始まったばかりだ。

ひとりの商人、无数の使命 91视频

がんと仕事の両立支援策の全体像

2017年からは、「予防」「治疗」「共生」の3つの観点からなる施策に力を入れています。



2021年度新たに健康経営戦略マップ(144碍叠)[PDF]を作成しました。
健康経営の先进公司として、「健康経営铭柄2016?2017」への选定や、厚生労働省が主催する「がん対策推进公司アクション推进パートナー表彰」(厚生労働省)の厚生労働大臣赏受赏等、高い评価を受けており、今后も积极的に健康経営を推进していきます。

健康経営関连指标

项目 実绩
定期健康诊断后の精密検査(再検査)受诊率

(2021年度)
100%

(2020年度)
100%

(2019年度)
100%

メンタルヘルスによる休职数※1

(2021年度)
7名

(2020年度)
7名

(2019年度)
12名

アブセンティーイズム※2

1.6日(2022年度)

絶対的プレゼンティーズム损失割合※3

32.5%(2022年度)

※1:1ヵ月以上のメンタルヘルスによる休职者数。同一社员が年度内に复数回休职した场合は1名とする。
※2:健康问题による仕事の欠勤(病欠)を示す指标。2週间以上、伤病により休暇(休职?欠勤含む)を取得した日数の全従业员平均
※3:健康上の问题により、100%の业务パフォーマンスが出せない状况を示す指标。割合が高いほど、损失が大きい。(奥贬翱-贬笔蚕版)

健康経営関连情报


取组み③女性活跃支援

「企業の持続的発展のためには組織の多様性は不可欠」という認識の下、2003年度より多様な人材の活躍推進?支援を行っています。就労年齢におけるがんの罹患率は女性の方が高く、がんと仕事の両立支援策を進めることは、女性が活躍できる職場环境の整備にも寄与しており、これら取組みや個々のライフステージやキャリアに応じた継続的な支援が評価され、当社は2020年12月「内閣府が実施する「女性が輝く先進企業表彰」において、「内閣府特命担当大臣(男女共同参画)表彰」の受賞に繋がりました。 

取组み推移


また、2021年10月には「女性活跃推进委员会」を取缔役会の任意諮问委员会の一つとして设置しました。本委员会の委员长を2016年度より当社现职で女性活跃推进に知见豊富な村木厚子社外取缔役とし、経営と一丸となって女性の活跃を后押ししていきます。委员会ではこれまでの取组みのレビューを踏まえ、各女性総合职が抱える个别课题を确り把握し、能力発挥に向けた个别支援を検讨していく方针です。

女性社员海外驻在状况(2022年1月1日现在)